中国釣り情報局  HOME

中国のダム 第10次青魚・黒蓮釣り遠征 2012年7月13日から17日まで3泊4日(夜汽車は計算に入れず) HOME

9月13日木曜日
夜18時頃、桜井さんの浦東の自宅におじゃまして、夜行寝台汽車の出発時間までくつろぐ。
夜11時15分 上海駅発の寝台列車で出発

9月14日金曜日
朝5時30分頃 明光駅に到着。タクシーで、市場に行って餌を購入。商店で細々した物を購入して水庫に7時頃着。
島に渡る船もすぐ来てもらえて、1位時間くらいで釣り場に到着。




桜井さんは、岬の突端にテント設営。



中国安徽省のダム 第10次青魚遠征 NO.1


僕は山を5分位歩いて急深の場所に釣り場とテント設営。
ブッシュの中ですが、何とか歩けます。ただ3割位の木にトゲが生えていて、少し痛いです。




急深な地形が300m位続く。






今回は青魚用の竿3本、桂魚用の竿2本セット。
青の餌はいつもは上海蟹ですが、一度はコーンを使ってみようと上海蟹は購入せず、コーンのみ。
桂魚の餌は、1本は牛蛙、1本はワタカ。 

★僕の幕営場所
中国安徽省ダム 第10次青魚遠征 NO.5

★初日の夕陽
中国のダム 第10次青魚釣り遠征 NO.2

9月15日土曜日
 天気が快晴で非常に気持ちよく、桜井さんと話しながら、ダムと山と空をみていると、凄く幸せな気分。天の川がはっきり見えて、星空を眺めてすごす。星空の美しさは、チベットに行って以来の清澄度で、日本ではあまり経験の無い美しさでした。

★秋晴れの夕陽
中国安徽省のダム 第10次青魚遠征 NO.3

9月16日 日曜日
 今回 湖は不思議な位、跳ねもモジリも無く、静かでした。季節的に釣れても可笑しくなく、天気・気温・水温・秋の荒食いの時期、全ての釣れる条件が揃っているのに、メーター級釣れずに坊主でした。坊主の原因は、魚が食餌活動を行うピンポイントに餌が投入していない為のような気がします。

★2013年の釣り場予定地
中国安徽省のダム 第10次青魚遠征 NO.4

9月17日 朝撤収。本当は新幹線で上海に戻るはずでしたが、デモが心配でタクシーで浦東まで直行しました。

★迎えの船
中国安徽省のダム 第10次青魚遠征 NO.6

船付き場 ホテルと屋形船


中国釣り情報局 HOME