中国釣り情報局 HOME
雲南省思矛区 メコン川の上流部 第1次釣り 2013年2月23日

 上海から飛行機で思矛まで移動して、思矛市(プーアル市)のバスターミナルから朝7時40分発のバスでメコン県行きのバスでメコン川に向かう。
予定より30分遅れて8時10分出発。29人乗りの小さなバスで満席。

中国雲南省 青いメコン河の釣り 2013年2月 NO.1

行き先はメコン県ですが、メコン川本流にかかる大橋で途中下車すると運転手に頼む。
メコン支流に沿った下り坂に沿って、2時間位でメコン本流に到着。




中国雲南省 青いメコン河の釣り 2013年2月 NO.2

上流と下流を橋からみるが滔々と流れるメコン河を見て少し感激。
希少魚種が禁漁のようで、禁漁の区間が表示されている。
水は青くて透明度が高そう、両岸は渓谷で険しく落ち込む。
橋の近辺から崖を降りようか迷ったが、結構険しいので、下流に向かって道を下る。
途中 野象に注意の看板が有っておもしろい。
橋のすぐ下流部左岸に釣り人発見して嬉しくなる。






中国雲南省 青いメコン河の釣り 2013年2月 NO.3

1kmくらい歩いて河に向かって降りる道路が有るので砂利道を下って、メコンの岸辺に到着。
画像のように凄く透明だが、深くて底が見えない。
水温は泳げる位の温度で結構あったかい。








中国雲南省 青いメコン河の釣り 2013年2月 NO.4

ミミズで釣ろうか迷ったが、最初は釣れないだろうと思うが鯖のサビキ仕掛けを投げてみる。
2回目でプルプルと当たるが乗らない。昼の太陽の下で当たりが有って少しびっくり。
3回目で小さいオイカワが釣れる。日本のオイカワとそっくり。
更に投げると簡単に釣れるが10cm前後のオイカワのみで、ミミズのカゴ釣りに変更する。
仕掛けを作っている途中目の前の1m位の深さの所を40cmくらいの黒い魚が上流に向かって泳いで行く。
種類はわからないが大きい魚もいるのでなんとか釣れないかと、リール竿でオイカワの背掛けにして少し深い所に投げ込む。
その間延べ竿のカゴ釣りにて、ミミズ餌で釣るが、釣れるのはオイカワのみ。


中国雲南省 青いメコン河の釣り 2013年2月 NO.5

 90分位しか釣らなかったが、バスの中に水とお茶を忘れて飲み物がなく、
暑くて発汗が酷く喉が非常に渇いて釣りを終了して、飲み物を買いに橋に向かう。(帰りの足も確保して無いので少し心配も有り)
泳がせも30分位いれただけなので当然成果なし。
オイカワのみの釣果だけだが、メコン河で魚が釣れて満足。
また険しい渓谷、広葉樹の森、美しいメコン河を見れて良かったです。。
橋の横の食堂でチャーハンを食べて、プーアール市に帰るバスはどこで乗るかと聞くと、1km位離れた小さな町を指さすので歩く。
たぶん何処でもバスは停まって乗せてくれると思うが、近くの町がどんな所か見てみたく、歩いて行く。
街の真ん中あたりで釣り道具屋を発見。
こんな小さな町で釣り道具屋が有るとはさすがメコン河ほとりの町と感心。





ホテルは多数有り、一番立派なホテルに行って外国人は泊まれるかと聞くと問題ないとのことで名刺をもらう。


レストランの前にて炭火で焼き肉を焼いていて、物欲しげに見ていると、好きなだけ食べてと勧められる。
皿に取って幾らか聞くと、無料との事。
理由を聞くと今日はお祝いでお金不要との事。沢山食べよと勧められる。





本当に無料でした。外国人も宿泊可能との事なので、次回はここで泊まろうと思っています。






中国雲南省 青いメコン河の釣り 2013年2月 NO.6





HOME