中国釣り情報局 HOME

荘川 尾上郷 別山谷に岩魚釣りに行ってきました。
今回は泊まりですが、一人で行ってきました。
19日夜11時に歩き出して、深夜1時に休憩、20日の朝4時30分に再度歩き出し、9時に別山谷到着

別山谷は明るい開けた渓相で、フライフィッシング向きの谷でした。
釣れた岩魚も 支流の岩魚と違って 凄く明るい色の岩魚です。写真を撮るのを忘れました。

別山谷の動画 YouTube
荘川 尾上郷 別山谷の フライ向けの渓相



本流と支流の合流点に テント設営


テントから下流の景色


本当はカラスとモミクラの分岐点まで、行く予定でしたが、テントと自炊道具・寝袋・釣り道具の荷物が重くて、
幕営地点に着いた時、疲労が激しく、本流で1匹釣ってすぐ支流に入りました。

最初の淵でミミズを投げると、水面にミミズが届くときには岩魚が3匹よってきて、競争で飛びつきました。
結構大きかったので尺ないかと期待して計りましたが、28cmしか有りませんでした。
同じ淵で次々釣れ、前回釣りすぎたので、今回は10匹以上釣らないと決めていましたので、この淵で6匹で上流に向かいました。


すぐ滝が有り、大物が釣れないかと期待してミミズ2匹掛けで放り込みますが25cm位しか釣れず3匹釣って計10匹の制限数に達して釣り終了。
まだお昼の12時でしたが、釣りを終了して、景色を見て楽しんでいました。

★支流は滝壺まで距離が50mくらい、間に淵が1個しか無いので、本流から入った岩魚は、滝壺と1個の淵しか生息場所が無く、グツグツ状態のようです。
ミミズが落ちる前に、水面まで数匹が競争で来るのがよく見え面白かったです。6匹釣った後も淵には泳いでいる岩魚が数匹観察出来る位岩魚が多かったです。

河原は大増水したようで、草がなぎ倒されていたので、本流の岩魚が支流に避難していて多かったのか、釣り人がほとんど来ないので常時多いのか、また確かめて見たいです。



岩魚がグツグツ状態の淵と滝壺の動画 岩魚は水面を泳ぐ1匹しか写っていません。
YouTube
荘川 尾上郷 別山谷 支流の淵と滝壺

このトンボが非常に多くて、次回はタモを持って行って、トンボで釣ろうかとも考えていました。


支流で岩魚の観察 瀬尻に25cmから30cm位の岩魚が4匹遊泳していました。落ち口にもいると思われますので、1つの淵に10匹位の感じです。


21日朝4時30分に別山谷を出発して、車に着いたので13時で、帰りは 休憩回数が多くて、8時間30分もかかりました。

中国釣り情報局 HOME